[雑記] エリオットが、スポーツ仲裁裁判所で「最低でも3年保持する」と発言するー

スポーツ仲裁裁判所(TAS)の公聴会に参加したACミラン一行

  • マルコ・ファッソーネ
  • フランク・トゥイル(エリオット)
  • ロベルト・カッペッリ(弁護士)
  • アンドレア・アイエッロ(弁護士)
  • アントニオ・リゴッツィ(スポーツ仲裁の専門家)

フランク・トゥイルが注目の発言をした!

この公聴会で、エリオット代表として参加したフランク・トゥイルが注目の発言をした!

トゥイル 「ミランを最低でも3年保持し、安定した経営プランを練り軌道に乗せる」

この発言から、ACミランの経営に関して不信感丸出しだったUEFAの不安材料を取り除く事になり、TAS審判員が聞きたかった回答だった。TAS審判員が審議する上で重要な要素であり、UEFAの疑念事項を完全に払拭するものに。

エリオットは、ファンドなので直ぐにでもACミランの株を売却するのではないかーと見られていたが、エリオット的に3年前後保持して、ミランの価値を上げた方が利益が出る!と判断したようだ。

さて、これでスポーツ仲裁裁判所(TAS)がどう判断をするのか。ELがアルと無いとでは、収入面で3000万ユーロほど違うらしいので、UEFAの決定が覆る事を祈ろう…

[速報]ミラン、ELに出られるってよ!





良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ