2018年12月

ミランがまた「FW補強」に失敗…レオナルドの最新獲得リストは?(SOCCER DIGEST Web)

ミランのFW補強が難航している。今冬のミランは、ゴンサロ・イグアインとパトリック・クトローネに続く「第3のFW」の探しており、まずは元エースのズタラン・イブラヒモビッチに接触。交渉は進んでいたが、最終的には本人が希望通りの新契約を用意してきたLAギャラクシー残留を決断した。  その後は選手サイドから売り込みのあったファビオ・クアリアレッラとアレッシャンドレ

ミランの元伊代表FW、中国移籍合意か。年俸6億円超で決着?(フットボールチャンネル)

 ミランのFWファビオ・ボリーニが、中国スーパーリーグの深セン市足球に加入する可能性が高まっている。イタリア『カルチョメルカート』などが伝えた。【写真】ミランからもランクイン! プレイヤー能力値ランキング この数日、中国行きが話題となっていたボリーニ。クラブ間の合意はまだとみられるが、深センとボリーニは年俸約500万ユーロ(約6億3000万円)の3年契約で合意した模様だ。

ミランにレンタル中のバカヨコ、残留を希望も「僕に選択権はない」(SOCCER KING)

 チェルシーからミランにレンタル移籍中のフランス人MFティエムエ・バカヨコはレンタル期間満了後も残留を希望しているようだ。30日にイギリス紙『ミラー』が報じた。 バカヨコは入団当初、指揮官のジェンナーロ・ガットゥーゾ監督から厳しい批判を受けていたものの、移籍から数カ月を経て、先発メンバーに定着しただけでなくチームメイトとも良好な関係が築けたという。

ミラン、セビージャFWムリエル獲得か…買い取りOPなしのローン移籍で個人合意(SOCCER KING)

 ミランがセビージャに所属するコロンビア代表FWルイス・ムリエルと移籍に関して個人合意に達したようだ。30日、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 同紙によると、ミランは元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインにチェルシーが強く関心を示していることや、同選手が10月28日の第10節サンプドリア戦以来10試合ぶり、約2カ月ぶりのゴールを先

コロンビアの怪物、出場機会を求めてミランへ移籍か(SPORT.es)

ルイス・フェルナンド・ムリエルは、ゴールを量産したサンプドリアで素晴らしいシーズンを送り、2017年に大きな希望を抱いてセビージャに加入した。しかしながら今シーズンは、指揮官のパブロ・マチンは彼をあまりプランに含んでおらず、新たな選択肢を見つけなくてはならない。フィオレンティーナ、コロンビア代表の“点取り屋”狙うすぐに選手の代理人は、彼が以前に所属していたリーグに問い合わせ、2チーム

ガットゥーゾ監督「実際には…」試合後に選手に封筒(日刊スポーツ)

セリエAで29日、ACミランはSPALに2-1で勝った。30日の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトによると、後半19分に決勝ゴールを決めたイグアインは「ゴールはガットゥーゾ(監督)のおかげだ。常に信頼と敬意を持って僕を支えてくれた。僕はこのプロジェクトを信じているから、続けて行きたい。このゴールは欧州CLに近づくための重要なものだった」と話した。

ミラン勝利で“解任危機”回避? ガットゥーゾ監督、1月補強は「レオナルドの方針に従う」(Football ZONE web)

 ACミランは現地時間29日の第19節SPAL戦で2-1の勝利を飾り、前半戦19試合を勝ち点31の5位で終えた。試合後のジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は、中継を担当した「DAZN」や「スカイ・スポーツ」のインタビューに応じ、冬の移籍市場について「意見の相違はあるが、レオナルドの方針に従う」と話している。【動画】不振のイグアインが決勝ゴール! 「ACミラン×SPAL」(2-1)ハイライ

ミラン加入内定の「ネクスト・カカ」に“本家”がエール 「完璧な選手になってほしい」(Football ZONE web)

 ACミランは来年1月の加入が内定しているブラジル代表MFルーカス・パケタが、新戦力として注目されている。「ネクスト・カカ」と期待を背負うなかで、“本家”である元ブラジル代表MFカカ氏がパケタへエールを送るとともに「イタリアは世界で最も優れた学校」と話した。ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」が報じている。 パケタは21歳にしてすでにブラジル代表の招集

ミランや神戸は計算外?「セスク争奪戦」がマンC参入でさらに激化へ(SOCCER DIGEST Web)

今冬の移籍マーケットの注目銘柄のひとりが、セスク・ファブレガスだ。そのスペイン代表MFの争奪戦が激化している。  今シーズンからチェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督の下でバックアッパーに降格したセスクは、シーズン半ばを迎えた現時点でプレミアリーグの出場時間がわずか153分間。直近4試合もスタメンから外されるなど、完全にカップ戦要員と化している。

イグアイン、866分ぶり得点で指揮官に感謝「このゴールはガットゥーゾに」(フットボールチャンネル)

 ミランのFWゴンサロ・イグアインが、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督への感謝を強調した。同選手のコメントをイタリア『スカイ』などが伝えている。【写真】イグアインは何位? 世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング 現地時間29日、ミランはSPALと対戦し、2-1の勝利を収めた。リーグ戦で4試合得点がなかったミランは、イグアインが10月28日以来となるゴールを決めて、5試合ぶり