ガットゥーゾ、イグアインを擁護「彼を大切に扱うべき。ユーヴェ戦で得点すれば…」(GOAL)

ミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾが13日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、FWゴンサロ・イグアインを鼓舞した。カズ、名波、中田、中村俊、本田…伊メディアが特集!セリエA歴代最高の日本人選手は?【20枚】イグアインは昨夏、ユヴェントスからレンタル移籍でミランに加入。セリエAで常に2ケタ得点を記録し、ゴールを量産してきたアルゼンチン人FWだが、今シーズンは前半戦を終えてわずか6ゴールと苦戦している。12日に行われたコッパ・イタリアのサンプドリア戦でもゴールを挙げることはできず、ミランに勝利をもたらしたのは、途中出場ながらもドッピエッタ(1試合2得点)を決めた21歳FWパトリック・クトローネだった。今冬の移籍市場において、ナポリ時代の恩師であるマウリツィオ・サッリ率いるチェルシーへの移籍の可能性が報じられる中、ミラン指揮官はイタリアスーパーカップ決勝ユヴェントス戦が行われるサウジアラビアへ出発する際、インタビューでイグアインを鼓舞した。

「現在、様々なうわさ話が出てくるのは当たり前だと思うし、受け入れなければならない。だが我々はスーパーカップについて考えるべきであり、難しいとはいえ、トロフィーを持ち帰ることができることを願っている。それにイグアインがゴールを決めてくれることを願っている。そうなればいろんなことが変わってくるだろう」

「今は彼のそばにいてやるべきだ。彼がプロフェッショナルな姿勢でチームに尽くし、努力している限り、誰も何も言えないはずだ。彼の事を大切に扱い、重要な選手であると感じさせてやるべきだ。また言いたくないことも言うのも私の仕事なので伝えていくつもりだ。彼とはフランクな関係が築けているし、目を見て話をすれば、分かってくれる年齢のはずだ。何が起こるか見守ってみよう」

【参照元】





良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ