「数日前からイグアイン退団の雰囲気がある」ミラン監督代行がジェノア戦後に認める(GOAL)

資格停止中のミラン指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾに代わり、ジェノア戦のベンチに入ったルイジ・リッチョ代行監督は、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、退団が濃厚となっているFWゴンサロ・イグアインについて言及した。

ミランは21日、セリエA第20節でジェノアと敵地で対戦。FWファビオ・ボリーニおよびFWスソの得点により2-0で勝利を収め、リーグ戦2連勝を飾った。順位表でもナポリに敗れたラツィオを追い越し、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位に浮上した。

今冬の移籍市場において、チェルシー移籍が濃厚となっているエースのイグアインは、「戦う準備ができていない」との理由でジェノア戦のベンチメンバーから外れているが、指揮官ガットゥーゾの代理を務めたリッチョは、アルゼンチン人FWについて言及。「メルカート?我々は皆、大人だし、どのように過ごすべきか、振舞うべきかを心得ている。ただ数日前からイグアイン退団の雰囲気が広がっていた」と明かした。

続いて代行監督は、イグアインに代わってジェノア戦で1トップを務めた21歳のFWパトリック・クトローネに賛辞を贈った。「我々は手元にいる選手の指導をしていくが、クトローネが素晴らしいパフォーマンスを見せたことは強調しておきたい。今日は試合を通してダッシュを続け、最高だった」と述べた。

またこの試合でセリエAデビューを果たした新加入の21歳ブラジル人MFルーカス・パケタについてもコメントを残した。「テクニックを持った選手で、非常に大きな成長が期待できる。ラスト数メートルにおいて決定的な仕事ができるはずだし、カバーリングも意欲的にこなす。素晴らしいプレーを見せてくれると思う」と期待を寄せた。

【参照元】





良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ