ミランの“ネクスト・カカ”、絶妙ヒールリフトの反響拡大 「神プレーヤー」「冗談の世界」(Football ZONE web)

 今冬の移籍市場でACミランに加入したブラジル代表MFルーカス・パケタは、現地時間21日のセリエA第20節ジェノア戦(2-0)で新天地デビュー。“ネクスト・カカ”と大きな期待を背負う21歳の逸材は、いきなり華麗なヒールリフトを炸裂させたが、海外メディアが「神プレーヤー」「ミランのハイライトの一つになった」と報じるなど、反響は拡大している。【動画】「神プレーヤー」「もはや冗談の世界」と海外メディア称賛 ミラン新鋭パケタの絶妙ヒールリフト パケタは21歳にしてすでにブラジル代表の招集経験を持つ有望株。ミランは獲得のために移籍金3500万ユーロ(約44億円)に加え、成果ボーナスで最大5000万ユーロ(約62億円)の条件で交渉をまとめた。今季のブラジル1部リーグで32試合出場10得点2アシストを記録。南米王者を決めるコパ・リベルタドーレスでは7試合で2得点を挙げている。

 “ネクスト・カカ”と期待される逸材は、21日のジェノア戦でセリエAデビュー。4-3-3のインサイドハーフの一角として先発出場すると、後半8分にテクニックで魅せた。

 ボールを奪って攻撃に転じたパケタの前にジェノアのイタリア人MFダニエル・ベッサが立ちはだかると、両足でボールを挟んでジャンプ。絶妙なコントロールで浮かせ、鮮やかに頭上を抜いて見せた。対峙したベッサはバランスを崩し、いとも簡単に背後を取られてしまったほど完璧だった。

 スペイン紙「マルカ」は「パケタが真のネイマールスタイルで印象的なランブレッタ(両足でボールを挟み、相手の頭上を抜くプレー)を見せた。それは完璧かつ驚異的だ。マジック(魔法)と言っていい」とトリッキーな技を得意とするネイマールを引き合いに称賛していたが、その反響は東南アジアや南米にまで広がっている。

【参照元】





良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ