イグアインのチェルシー加入が決定! 「ベストストライカーのひとり」と“恩師”サッリ監督は絶賛!!(SOCCER DIGEST Web)

チェルシーは1月23日(現地時間)、ミランのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインをレンタルで獲得したことを、公式サイト等で発表した。【PHOTO】2019年冬の移籍市場で新天地を求めた主な選手 英国各メディアによると、契約期間は今シーズンまでとなっているが、延長オプションがつくという。背番号は9に決まった。

 今シーズン、ユベントスからレンタルでミランに加入したイグアインだったが、ここまでセリエAで15試合出場6得点と低調な出来に終わっており、ファンやメディアからは厳しい視線にさらされていた。

 20節のジェノア戦では自ら遠征メンバー入りを辞退したとのことで退団が決定的とされ、23日、メディカルチェックのためにロンドン入りしたことが報じられていたが、ついに注目の移籍が成立する運びとなった。

 イグアインとは3年ぶりの“共闘”となるマウリツィオ・サッリ監督は、「彼はとても強いストライカーで、私のナポリでの1年目において、特別な存在だった。私のキャリアのなかでも、ベストストライカーのひとりだ。このクラブでプレーすることで、正しい経験を得るだろう」と称賛し、また期待を寄せている。

 対してイグアインは、「チェルシーが示してくれた信頼に対し、お返しができることを望んでいる。スタートが待ち切れない。できるだけ早くチームに慣れたい」と意気込みを語った。

 なお当初、現地メディアは、24日行なわれるカラバオカップ準決勝第2レグのトッテナム戦でイグアインは出場メンバーに登録され、早くもデビューを飾るのではないかとみていたが、サッリ監督は登録が間に合わず、出場は不可能であることを明かしている。

【参照元】





良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ