ナポリ、ミラン戦でのレッドにSNSで抗議。「これがハンド」と投稿した写真は…(フットボールチャンネル)

 現地時間26日に行われたイタリア・セリエA第21節の試合でミランとナポリが対戦し、0-0のドローに終わった。ナポリは試合終了間際にMFファビアン・ルイスがレッドカードを受けたプレーに対して公式ツイッターで不満を表現している。【写真】ナポリからもランクイン! プレイヤー能力値ランキング 首位を快走する王者ユベントスを追走するため勝ち点3が欲しかったナポリだが、最後までゴールは奪えず。ユーベとの差は暫定8ポイントとなり、ユーベの今節の結果次第ではさらに引き離されてしまう状況となった。

 後半アディショナルタイムには、ファビアン・ルイスが2枚目のイエローカードを受けて退場となった。ミランのDFマテオ・ムサッチオが前線へ送ろうとしたボールを腕で止めたという判定だった。

 ナポリは試合後に、この判定への抗議を表すツイートを投稿。ルイスとみられる選手の太ももが赤くなった写真に添えて、「これが2枚目のイエローカードを引き起こしたハンド」とコメントしている。リプレイではボールはルイスの太ももに当たったあと胸付近に当たったようにも見える。

 ルイスがレッドカードを受けたあと、カルロ・アンチェロッティ監督も判定に抗議して退席処分を受けた。同監督は試合後に「汚い言葉が出てしまった」と認めつつ、「審判に向けたものではなかった」と主張している。

【参照元】





良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ