ミラン新加入ピョンテクはガットゥーゾに好印象「トマソンのよう。好奇心旺盛な青年」(GOAL)

ミランの指揮官を務めるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が28日、ミラン公式メディア『Milan Tv』のインタビューに応じ、新加入のFWクリシュトフ・ピョンテクやミランの将来について語った。W杯日本代表の奥さんが登場!サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【32枚】今冬の移籍市場では、夏の補強の目玉だったFWゴンサロ・イグアインがチェルシー移籍を希望して退団。その代役としてジェノアから23歳のポーランド代表ピョンテクが加わった。ガットゥーゾは、今シーズンのセリエAで13ゴールを挙げ、得点王ランキングで4位につける若き逸材に期待を寄せた。

「彼を見ると(元デンマーク代表ヨン・ダール)トマソンを思い出すよ。トマソンは練習でも手を抜かず、先発で出場しているときでもチームを助けてくれた。ピョンテクは来たばかりだが気に入ったよ。好奇心旺盛な青年だ。ミラネッロで歩き回っては写真を眺めているよ。施設の中で観察したり、人と話したり、雰囲気を味わうのが好きなようだ。それは良いことだよ」

続いてミラン指揮官はチームの将来について問われると、自身の考えを述べた。

「ユヴェントスやナポリとの力の差を埋めるには経験が必要だ。我々は若いチームであり、試合をこなしていく必要がある。再び競争力のあるチームに戻るには、パフォーマンスやメンタル面において継続性を示さなければならない。ミランの5年後? 5年間で様々なことが変わっていくだろう。メルカートはどんどんグローバルになって、意欲のない選手を引き留めることは難しくなるだろう。若手選手を成長させ、できる限り早くチームを完成させなければならない。我々は個の力にも優れた健全なチームではあるが、より中身のある強いチームにならなければならない」

【参照元】





良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ