ミランがデウロフェウの復帰を画策もワトフォードが拒否(SPORT.es)

元アスルグラナのジェラール・デウロフェウは、この冬の移籍市場でのカルチョ移籍の噂が立っているが、少なくとも今シーズンの終わりまでプレミアリーグから動くことはない。バルサ、逆転突破への大一番にベストメンバーを招集デウロフェウは昨年の6月にFCバルセロナを離れ、1,300万ユーロ(約16億3,000万円)+ボーナスでワトフォードと5年契約を結んでおり、クラブ・アスルグラナは、将来的なリウダレネス出身の選手の移籍に関しても利益を得ることになる。

ナバラ出身の指揮官ハビ・ガルシアの下でのデウロフェウは、プレミアリーグで上々のパフォーマンスを見せている。

ここ数シーズンはエヴァートン(2013/14、15/16)、セビージャ(14/15)、そしてACミラン(16/17)にローン移籍を繰り返していた。

まさにACミランが今シーズン終了までのローン移籍を計画していたが、その可能性はデウロフェウを絶対的な選手と捉え、移籍要員と考えていないワトフォードによって消し去られた。

1月31日までの冬の移籍市場でのいかなるオペレーションや、可能性のあるオファーも避け続けている。

(文:SPORT)

【参照元】





良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ