[コラム] サイクルの終焉について考察(レアル/マンチェスターU/バルセロナ/ACミラン)

[コラム] サイクルの終焉について考察(レアル/マンチェスターU/バルセロナ/ACミラン)

レアル・マドリードは、このUEFA CLのベスト16敗退で「サイクルの終焉」を実感したのではないかな!?

ここで、自分が思い出すビッククラブの「サイクルの終焉」を殴り書きしておきます。

レアル・マドリードの場合

END: 2018-2019シーズン!?

思えば、昨シーズン末に”ほぼ”完璧な結果を残していたジダン監督が退任。成績不振の結果等のよくある退任理由でないのも気になるよね。

そして、バロンドール4回(?)取っているレアル・マドリードの象徴でもあったCロナウドがユヴェントスへ移籍。

Cロナウドの移籍金は、1億ユーロ?も得たのに、Cロナウドに変わるエースも取らず、不安定感が高いベンゼマと、ガラスの足を持ついつ怪我をするかわからないベイルに賭けるという愚策も相まって…

やっぱりというか、2018−19シーズンに監督になったロペテギを、2018年10月29日に解任。直近の公式戦7試合で1勝1分け5敗は、レアル・マドリードとしては、受け容れられない結果だろう。まあ、得点源だったらCロナウドが移籍して、穴埋めをしないフロントの責任も大きいと思うけどねー

Cロナウドの移籍が、レアル・マドリードのサイクルを終了したってことだろうね。

やっぱり、ネイマール or キリアン・エムバペを獲得するしか!?

マンチェスターユナイテッドの場合

END: 2013-2014シーズン

これは判りやすい。”サー” アレックス・ファーガソンが、27年間監督を務めた監督を勇退したから。

その後、デイヴィッド・モイーズ → ルイ・ファン・ハール → ジョゼ・モウリーニョ とビックネームな監督を招聘するも、デイヴィッド・モイーズがアレックス・ファーガソンを作り上げた”形”をぶっ壊した影響で、立て直しできず。

ジョゼ・モウリーニョの3年限界説もやっぱり打破出来なかった。

ただ、スールシャールがV字回復させているので、今後はリバプールの様に新しいサイクルを作り出せるかも!?

FCバルセロナの場合

END: もう少し先!?

メッシが居なくなったときにどうなるか!?

FCバルセロナは、「サイクルの終焉」をギリギリの所で回避して、なんとか黄金期に作られたサイクルを継続させているケース。

世界に驚きを与え、世界がマネした「パスサッカー」全盛の時代、イニエスタ・シャビ・ブスケツの3人と、メッシのバス交換で華麗なプレーを見せていた。その後、シャビが移籍し、ネイマール・スアレスが加入をしても、イニエスタが攻撃のタクトを振り、メッシが華麗な技で相手を翻弄していた。そして、ネイマールがPSGに移籍し、イニエスタも退団した。

パスサッカーの象徴であった「イニエスタ退団」で、このサイクルが終焉するかと思われたが、監督のバルベルデがシステムをいろいろ弄ることにより、現有戦力でのストロングポイントを見つけ出し、崩壊を免れている。

ただ、FCバルセロナのFW陣は、高年齢化という事実もあり、メッシやスアレスがキャリアの終盤に差し掛かっている事を考慮すると、そろそろ次に一手を打たないと危ないと思われる。 (その一手として、ネイマールを獲得したんだけどねー)

我がACミランの場合

END: 2011-2012シーズン

ACミランの親会社がイタリア経済の疲弊と、(たぶん)放漫経営によりお金が無くなり、FFP導入に伴いベル爺マネーが投入できないたため、親会社の人員削減が出来ないからズラタン・イブラヒモビッチとチアゴ・シウヴァをPSGに売る という暴挙に。

あと、2000年代のUEFA CL優勝や、クラブWカップで優勝した黄金期メンバーが世代交代のため、一気に退団したことも、今に続く混迷の度合いが深い理由かも。ソフトランディングさせて、徐々に世代交代を進めるべきが、FFP導入にとこなうコストカットと、その後の0円移籍金補強というハードランディングになったのは、本当に不幸だった。

また、ベルルスコーニ会長の口出しや、フロントの迷走などで、監督ガチャをやり始める。監督としては、0円移籍金補強で欲しくもない選手を与えられ(本田圭佑とか)、ベル爺から「システムを4-3-1-2にしろ!」と圧力をかけられ、プレッシャーしか掛からない状態ででうまく行くはずも無い。

その後、ベルルスコーニは中国資本に株を売却し〜 となるが、その辺はこちらから。

[雑記] 結局、ヨンホン・リーは何をしたかったのか!?

まとめ

全てにおいて

「はじまりがあれば、終わりが絶対にやってくる」

問題は、明確な終わりを迎えるのではく、終わりを感じさせずに、新たなサイクルをはじめること。いまのFCバルセロナはそれが出来ている。で、レアル・マドリードはそれが出来なかった。マンチェスターユナイテッドも、ACミランも「新しいサイクル」を構築すべく頑張っているって事かな。

長年、ファンをやっていると栄枯盛衰が見られて、楽しいよね?

スカパー!は高いけど、DAZNは割安でサッカーが見れる!
DAZN
自分も使っている IIJmio。まだ、高い料金を払っているの!?
IIJmio(みおふぉん)
良い記事だと思ってもらえたらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ACミランカテゴリの最新記事