ニュース

人気銘柄の元スペイン代表MFセスク、争奪戦の“本気度”はミランがNO1と海外紙報道(Football ZONE web)

 欧州各国リーグは年が明けて1月に、冬の移籍市場がオープンする。その中で“人気銘柄筆頭”として見られているのが、チェルシーの元スペイン代表MFセスク・ファブレガスだ。チェルシーとの契約が2019年6月いっぱいで切れることもあり、現在が売り時となっているため各国クラブが注目しているが、特にご執心なのはジェンナーロ・ガッドゥーゾ監督率いるミランだとスペイン紙「AS」が伝えている。【移籍一

ミランが「得点力不足」で34年ぶりの大失態…ガットゥーゾは次節で解任も

 ミランが大失態だ。現地時間12月26日のフロジノーネ戦(セリエA18節)で0-0のスコアレスドローに終わり、セリエAでは何と4試合連続のノーゴール。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙によると、これはなんと34年ぶりの恥ずべき記録だという。  トリノ、ボローニャ、フィオレンティーナ、そし

苛立つガットゥーゾが解任の危機。副首相の“口出し”と故障者続出。(Number Web)

 政治家がサッカーに口を出すとろくなことにならない。 「なぜガットゥーゾは守備固めをしない? 監督ライセンスのない私でもそれぐらいわかるぞ」 イタリア共和国の副首相サルビーニが、ミラン指揮官の采配に横槍を入れたのは、CL出場権を争うラツィオとの直接対決で手痛いドローを喫した11月下旬のことだ。45歳のサルビーニは近年急速に支持を

ミランは19位フロジノーネとスコアレス…4戦無得点での未勝利が続く(ゲキサカ)

 セリエAは26日に第18節を行い、ミランはフロジノーネと対戦し、0-0のドローとなった。 リーグ戦3試合未勝利で5位のミランが19位フロジローネと対戦。しかし、試合は拮抗状態のまま前半37分にはフロジノーネのFWカミーロ・チャーノにゴールネットを揺らされてしまう。しかしビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)により、直前のMFハカン・チャルハノールに対

苦しむミラン、19位フロジノーネとスコアレスで4試合連続無得点…ガットゥーゾ進退報道も過熱必須か/セリエA第18節(GOAL)

セリエAは26日に第18節が行われ、ミランはフロジノーネと対戦した。現在公式戦4試合勝利から見放されているミラン。リーグ戦では混戦の中で5位につけてはいるものの、ヨーロッパリーグではまさかの敗退となるなど、ガットゥーゾ監督の進退問題も騒がしくなっている。さらに今夏加入のFWイグアインの移籍も騒がれるなど、落ち着かない状況が続いている。

ミランは19位フロジノーネとスコアレス…4戦無得点での未勝利が続く

 セリエAは26日に第18節を行い、ミランはフロジノーネと対戦し、0-0のドローとなった。 リーグ戦3試合未勝利で5位のミランが19位フロジローネと対戦。しかし、試合は拮抗状態のまま前半37分にはフロジノーネのFWカミーロ・チャーノにゴールネットを揺らされてしまう。しかしビデオ・アシス