伊紙が挙げる「ミランの新監督候補5人」 クラブ経営陣が望む最高の選択肢は?(Football ZONE web)

 ACミランにはジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の去就問題が浮上している。その真偽は分からない状況のなか、イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は早くも次期監督となりそうな5人の後任候補を挙げている。 今季から米ヘッジファンド「エリオット・マネジメント」が経営権を取得し、クラブOBである元ブラジル代表MFレオナルド氏がスポーツ・ディレクター(SD)に就任した

ミラン、イグアインのチェルシー移籍を否定…不調続くも残留を提言(SOCCER KING)

 ミランはチェルシーからアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインに対するオファーを受けていないことを明かした。27日にイギリスメディア『スカイスポーツ』イタリア支部が報じている。 イグアインは現在ミランで1年間のレンタル移籍中となっており、レンタル期間満了後に所属クラブのユヴェントスへ帰還することとなっている。3200万ポンド(約45億円)の買い取りオプシ

ミラン指揮官ガットゥーゾが苦言「やる気のないチームのよう。だが次は勝つしかない」(GOAL)

ミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾが27日、クラブ公式チャンネル『ミランTV』のインタビューに応じ、不調の要因を説明した。一時はチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位に浮上していたミランだが、26日のフロジノーネ戦をスコアレスドローで引き分け、6位へと後退。これで公式戦5試合にわたって勝利から遠ざかり、ガットゥーゾは厳しい立場に立たされた。

年間オウンゴール大賞? ミラン出身GKの“衝撃的凡ミス”に海外騒然 「屈辱的だ」(Football ZONE web)

 イタリア2部のセリエBで衝撃のオウンゴールが誕生した。バックパスを受けたGKが相手のプレスに対して切り返した際、不意に自陣ゴールに向かってボールを蹴ってしまい、まさかの自殺点。海外メディアも「オウンゴール・オブ・ザ・イヤー」「キャリアワーストの1日」と大きく報じている。【動画】「屈辱的」「痛恨」と海外メディアも騒然 アスコリGKプッチーニの衝撃オウンゴール 衝撃のプレーが飛び出した

「サッカー界にはバカ野郎どもが多すぎる」 ミランの“闘犬”ガットゥーゾが差別問題に吠える!(SOCCER DIGEST Web)

サッカー界に蔓延る人種差別問題に“リンギオ(闘犬)”が噛みついた。 現地時間12月26日、ジュゼッペ・メアッツァで行なわれたセリエA第18節で、インテルがナポリを1-0で下した。だが、この2位と3位による注目の上位対決の試合後、大きく取り沙汰されたのは、接戦の内容ではなく一部サポーターの愚行であった。【動画】これぞ“闘犬”! 現役時代のガットゥーゾが見せた

ライプチヒ補強候補にミランのチャルハノール浮上(日刊スポーツ)

ライプチヒが今冬の補強候補にACミランのチャルハノールを挙げていると、27日の独紙ビルトが伝えた。伊紙の報道を引用して、ミランは2000万ユーロの移籍金を要求していると伝え、ライプチヒは1500万ユーロを準備、年俸500万ユーロなら出せる額としている。ライプチヒはスウェーデン代表MFフォルスベリが故障離脱中で、1月にはチーム練習に復帰する予定だったが、股関

ELグループステージで敗退したACミラン、セスク獲得再燃か(SPORT.es)

ヨーロッパの強豪の中で、ACミランがチャンピオンズリーグに出場していない状況を見慣れてしまっているのは時に奇妙なことに思えてしまう。ヨーロッパリーグでは満足できるクラブではないにもかかわらず、今季は同タイトル獲得どころかグループステージで敗退が決まってしまった。 セリエAにおいてCL出場権獲得の希望が見える今、ガットゥーゾ率いるミランはその目標を確実にするため補強を考えているようだ。

ミラン・ガットゥーゾ監督、次戦勝利逃すと解任か(日刊スポーツ)

ACミランのガットゥーゾ監督は次戦のSPAL戦にいい内容で勝たないと解任される可能性があると、27日の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。【写真】ガットゥーゾ監督「満足する」イブラ復帰報道に言及26日には下位に低迷するフロジノーネ相手に0-0に終わっていた。ガットゥーゾ監督は「前半はプレゼントしたようなもの。相手の最初の攻撃で、恐れてしまった。メンタル的

人気銘柄の元スペイン代表MFセスク、争奪戦の“本気度”はミランがNO1と海外紙報道(Football ZONE web)

 欧州各国リーグは年が明けて1月に、冬の移籍市場がオープンする。その中で“人気銘柄筆頭”として見られているのが、チェルシーの元スペイン代表MFセスク・ファブレガスだ。チェルシーとの契約が2019年6月いっぱいで切れることもあり、現在が売り時となっているため各国クラブが注目しているが、特にご執心なのはジェンナーロ・ガッドゥーゾ監督率いるミランだとスペイン紙「AS」が伝えている。【移籍一

ミランが「得点力不足」で34年ぶりの大失態…ガットゥーゾは次節で解任も

 ミランが大失態だ。現地時間12月26日のフロジノーネ戦(セリエA18節)で0-0のスコアレスドローに終わり、セリエAでは何と4試合連続のノーゴール。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙によると、これはなんと34年ぶりの恥ずべき記録だという。  トリノ、ボローニャ、フィオレンティーナ、そし