スポンサーリンク
DAZN
ニュース

2018/SUMMER 最近のACミランの動き@20180723

2018/07/23 現在時系列っぽくざっくり日程まとめます2018/07/19 : スポーツ仲裁裁判所 公聴会ミランの主張が通り、18-19のELに出られる事に!
ニュース

[速報]ミラン、ELに出られるってよ!

スポーツ仲裁裁判所(TAS)はミランの訴えを支持。UEFAにEL除外処分の取り消しを命じた。
ニュース

[雑記] エリオットが、スポーツ仲裁裁判所で「最低でも3年保持する」と発言するー

スポーツ仲裁裁判所(TAS)の公聴会に参加したACミラン一行マルコ・ファッソーネフランク・トゥイル(エリオット)ロベルト・カッペッリ(弁護士)アンドレア・アイエッロ(弁護士)アントニオ・リゴッツィ(スポーツ仲裁の専門家)フランク・トゥイルが注目の
ニュース

2018/SUMMER 最近のACミランの動き@20180718

ざっくりまとめます2018/07/18 現在時系列っぽく2018/07/19 : スポーツ仲裁裁判所 公聴会2018/07/21 : 株主総会/取締役会 取締役の解任および任命 新しいミラン誕生2018/07/26 : vsマンチェスターユナイテッド / I
コラム

[コラム] 結局、ヨンホン・リーは何をしたかったのか!?

全ては、中国という国に翻弄されたのか!?そもそも、ヨンホン・リー(李勇鴻)が率いる中欧体育投資管理長興(Sino-Europe Sports Investment Management Changxing)(通称SES)が、ACミランの株式を持っているフィニンベストからミランの株を取得するスキームで使われるお金は、中国マネーを想定していた。SESには、中国の著名な銀行や、政治
コラム

[コラム] ACミランがカップ戦から追放されたUEFA氏ね!!!

いま、ACミランはピンチである超訳で、時系列にまとめると2017夏、中国資本に買収される選手獲得に2億3000万ユーロ(約304億円)以上を注ぎ込む爆買いを実施UEFAに対して、今後4年以内に収支の採算を合わせることができるという事業計画をUEFAに提出。認められればFFPの許容額を超えた選手獲得が可能になるVA(
コラム

[コラム] なぜ、4本はACミランを売らないのか!? [トンでも推論]

不思議なので、推測してみたあくまでも、私個人が事実と想像を織り交ぜたトンでもストーリーなので、信じないでください。フィクションです!4本は、真のオーナーではない!?ベル爺が、4本にミランのオーナー企業の株を売却したタイミングが、絶妙なので整理したい。ベル爺は、イタリ
コラム

[コラム] アメリカミラン爆誕!?

UEFAの制裁が決まったよACミランがカップ戦から追放されたUEFA氏ね!!!で、書いたように、UEFAがSA(和解協定)を却下した理由として、オーナーの怪しさと高利のファンドで借りた資金で運用している点が大きなネックになっているらしい。https://b
コラム

[雑記] ACミラン 2017-18シーズンを総括する

シーズン始まる前中国資本に買収されて、2億ユーロを超える爆買いをして、ここ5年〜6年続いた貧乏移籍金0円獲得の鬱憤を解消する。棚ぼたで転がり込んだレオナルド・ボヌッチの獲得にビックリするも…(点々点の理由はあとで)また、ビックネームFWの獲得でいろいろな名前が出たが、UEFA CLに出場しないチームにそんなビックネームFWが来るわけも無く、来たのはニコラ・カリニッチと
コラム

[コラム] ミランは、カバーニ獲得という夢を見るのか!?

ミランはカバーニの獲得を狙うが、移籍金は最低でも6000万ユーロが必要。これはアンドレ・シウバ、カリニッチ、ドンナルンマを売らないと出せない額。更にPSGで受け取っている年俸は1200万ユーロ。何もかも無理な案件だが、ミランは獲得を試みる。 Calciomercato.it昨シーズン在籍していた、カルロス・バッカやラパドゥーラも悪いFW
スポンサーリンク
DAZN
タイトルとURLをコピーしました