ピオンテク

ACミランのFWガチャ問題。遂に★5キラをゲットする!???

その名は「ピオンテク(ピョンテク)🔫🔫」まず、ナポリ相手に2得点。しかも、相も変わらず攻撃の形がまーたくない状況で。前線でボールがこないから不満ばかりで、オフ・ザ・

ミランの新エース「Piątek」の正しい読み方。ピオンテク? ピョンテク? ピアテク?

現地時間1月23日にミラン移籍が決まった「Krzysztof Piątek」の表記に関して、日本では「ピオンテク」、「ピョンテク」、「ピアテク」とバラつきが目立っている。はたして、どれが一番正しいのか。【PHOTO】2019年冬の移籍市場で新天地を求めた主な選手たち 18年夏にジェノアに加入した当初、ほとんど無名だった関係もありイタリアでは、いわゆるローマ字読みで「ピアテク」と呼ばれ

ACミラン、イグアイン後釜に“レバ後継者”ピョンテク獲得 半年で移籍金8倍に!

 セリエAのACミランは23日、同ジェノアからポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(23)を獲得したと発表した。契約期間は2023年6月30日まで。 地元紙ガゼッタ・デロ・スポルトによると、移籍金は3500万ユーロ(約44億円)で、背番号は19。同日にチェルシー移籍が決定したFWゴンサロ・イグアイン(31)の後釜となる。 

ポーランド代表FWピアテクがミラン移籍 背番19

ポーランド代表の23歳FWピアテクがジェノアからACミランに移籍した。24日の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトによると、23日にミラノでメディカルチェックを受けた後にクラブハウスで契約にサインしたという。契約は2023年6月末までで、ジェノアへの移籍金は3500万ユーロ(約45億5000万円)。24日にも入団会見を行い、その後初めてチーム練習に合流するという。

ミラン、ジェノアからイグアインの後釜を獲得。今季13得点のFW加入でCL出場権獲得目指す

 イタリア・セリエAのミランはジェノアからポーランド代表FWクシュトフ・ピオンテクを完全移籍で獲得したと現地時間の23日にクラブ公式サイトで発表した。 同日にアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインがイングランド・プレミアリーグのチェルシーに期限付き移籍。その後釜としてピオンテクを獲得した。契約期間は2023年6月までとなる。 

ミランがピオンテク獲得は発表!「9番の呪い」を避け背番号は…

ミランは現地時間1月23日、ポーランド代表FWのクシシュトフ・ピオンテクをジェノアから獲得したことを公式発表した。  契約は2023年6月30日までの完全移籍。移籍金は非公表だが、『スカイ・スポーツ』など現地メディアによれば3500万ユーロの一括払いだという。  ミランは18年夏にユベントスからレンタルしたゴンサロ・イグアインが

ミランが期待の新星“レワンドフスキ2世”を44億円で獲得

 ミランがロベルト・レワンドフスキ2世と期待される23歳FWの獲得に成功した。23日、ジェノアからポーランド代表FWクリシュトフ・ピョンテク(23)を獲得したと発表している。 母国ポーランドで活躍後、今季よりセリエAに活躍の場を移した同選手は、ジェノアでおこまで19試合に出場して13得点を記録。得点王のクリスティアーノ・ロナウドらのに1ゴール差と堂々とした

ミランが“レヴァ2世”ピョンテク獲得!移籍金は約44億円…イグアイン退団決定後に発表

ミランは23日、ジェノアからポーランド代表FWクリシュトフ・ピョンテク獲得を発表した。ピョンテクは今シーズン、ジェノアに加入した23歳のストライカー。セリエA初挑戦ながら19試合で13ゴールを奪い、得点ランキングトップのクリスティアーノ・ロナウドらと1ゴール差につける活躍を見せている。そのプレースタイルから“ロベルト・レヴァンド

「CF玉突き移籍」が加速! ミランのピオンテク獲得内定を“震源地”にイグアインやモラタが新天地へ

ヨーロッパ中のクラブを巻き込んだ「CF玉突き移籍」がいよいよ加速しそうだ。  ミランは現地時間1月22日、かねてから獲得に動いていたポーランド代表FWのクシシュトフ・ピオンテク獲得に関してジェノアと合意。『スカイ・スポーツ』の移籍専門記者であるジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によれば、移籍金は当初の4000万ユーロから3500万ユーロに値引きされ、その代わり